私は9名の専門家との対談以前、腸活のためと考えて白いパンより食物繊維豊富な「全粒粉パン」を選んだり、乳酸菌は大切だと考えて「ヨーグルト」を欠かさず摂ったりしていました。

でも9名の専門家と対談し、そして字幕つけをする作業後、それは逆に腸内細菌には逆効果であち食材選びの落とし穴に陥っていたことに気づきました。

落とし穴に気づくことで「腸を元気にしていいうんち」を作るための食材の選び方がわかり、変わることができました。

是非9名10動画をサラリとみるのではなくメモを取りながら、もしくは書き起こすとさらに効果は抜群です。

この動画により現在の日本の「食」の闇を理解し、選び方を習得出来ます

選べるようになったあなたは生涯不安なく迷いなく「食材」の選択ができるように変わっています。

そして、「うんち力」がつくことで妊娠できる子宮、順風満帆な排卵、そして夫婦共に取り組めば必ず質の高い精子が手に入ります。

おススめの閲覧順

  1. 吉田太郎氏
  2. 内山葉子氏
  3. 安田美絵氏 
  4. 鶴田ナオキ氏
  5. 三村耕治氏
  6. 内海聡氏
  7. 内田聖子氏
  8. 宮本知明氏
  9. 舩田クラーセンさやか氏

販売価格

専門家別 3000円/個

全動画のご購入の場合:15000円(予告なく価格が上がることがあります。)

全て購入いただくと、1本購入の半額に!

全動画ご購入特典

全動画購入していただいた方には、動画についての質問、疑問をメールにて無料でお受けします!

※ほぼ全てに字幕が入っています。

お客様の声

●SOさん
全て視聴致しました。
存じていることもありましたが、知らないものも沢山ありました。
学びになりました。
このような企画をしていただき、ありがとう御座いました。

今や、10商品ある内、全てが毒が盛られている世の中です。
日本人はこれだけ毒を盛られても気付かないのでしょうか。
友人に話しても、オカルト扱いされる現状はどうしてなのでしょうか?

予防接種にもグリホサートが入っているなんて、驚きでした。
私は出産を機に、沢山の疑問が生まれました。
意識を向けてみると、見えることは山ほどあるのに、どうして意識が向かないのか、謎でしかありません。

今回の動画で、特に印象に残ったのは、内海先生と船田クラーセンさやかさんです。
大きな目線で話されていて、話の無駄が無く、はっきり言ってくださり、とても分かりやすかったです。

これが、全世界に広がるよう、私も周りに話して行きます。
活躍を応援しています。
本当にありがとう御座いました。

●YTさん

遺伝子組み換えについての基礎知識をまるで大学の講義を受けているかごとく教えてくださったり、食の
安全が脅かされている現代の日本のどこが問題であるのか様々な角度からクローズアップしてくれていました。とてもわかりやすく、信頼感があります。そして、私たちの力で変えることができるんだ…と勇気をもらえます。

●YOさん
子育て中の娘、息子たちが家に来た時に見てももらえたらなあ、と思いまして。
これまで、少しは私なりに話したことがありますが、嫌がられてましてね(特に息子夫婦には)、、諦めていました。
でも、今回、改めてまずは、身近な人から伝えて行こうと思いました。
“小さくても、とにかく前進します”
次世代のために‼️

●MSさん
まず、わかりやすい!そして、各分野のスペシャリストが、それぞれ違った観点から、情報を提供してくださるので、一面的ではなく、立体的な見識を得ることができました!

●MNさん
早速、移動中もMP3で聴かせていただいております。お陰様で信憑性の高い知識を得られましたので、給食のナンについて、食品会社さんにトレーサビリティをお願いしました。ありがとうございました。

●YKさん
三村氏のお話、大変勉強になりました。
数年前まで、頂く食物は栄養を与えてもらえるもので、身体の不純物を排泄するのを促す面については、ほとんど意識していませんでした。
腸内環境を良くするのは、病いを遠ざける豊作ですね。

命を延ばす台所の神尾さんの著書より、ザワークラウトは、定期的に作っています。豆乳ヨーグルト、味噌も手作りも続行して良し!と言っていただけた気持ち。
勉強重ね、素晴らしい活躍されているシェフがいらっしゃるんですね。
極意を教えて頂き、有難かったです。

食は人の生命を支え、自然界の生命にも連鎖繰り返すもの。無関心ではいけません。
病が食から治せる力強いお話をありがとうございました。

「遺伝子組み換え」について

「うんち力を低下させる食の落とし穴」と題していますが、この動画のタイトルは「遺伝子組み換え」についてとなっています。

なぜ「うんち力を低下させる食の落とし穴」で「遺伝子組み換え」について学ばなければならないのか?

これは日本の「食」において深い深い闇になっているからで、これを知ることで「うんち力を低下させる落とし穴」であることがわかるからです。

理由はこれを理解し、食改善に励むことで確実に食の落とし穴を避ける食材選びができるようになるからです

「うんち力が向上する」からです。

この動画は2019年5月、全動画無料配信を行ったのちに販売しました。90日の返品期間を設けましたが、200人を超える購入者の中でただの一人も返品希望の方はいらっしゃらず、たくさんの感謝の言葉をいただいております。

「売れている」が証明する真の「うんち力」の落とし穴について知ることができる動画です。

この動画は2019年5月、全動画無料配信を行ったのちに販売しました。90日の返品期間を設けましたが、200人を超える購入者の中でただの一人も返品希望の方はいらっしゃらず、たくさんの感謝の言葉をいただいております。

「遺伝子組み換えでない」「遺伝子組み換え不分別」

「遺伝子組換えでない」もしくは「遺伝子組み換え不分別」

という記載は見たことはあるでしょうか?

これを目にする私たちは逆に「遺伝子組み換え」されている食材を使っている加工食品については、「この材料は遺伝子組み換えされた材料を使っています」というような記載があると思ってしまいますね。

でも、抜け穴だらけで私たちが食べている加工食品は気をつけたところで買う以外は入っていると思って間違いない状況です。

じゃあ

別に日本の国が大丈夫と言っているから少しくらい食べても大丈夫だよね?

という気持ちになるかもしれません。

そうです。動画の中の内海聡氏もおっしゃいます。

「すぐに死なないし食べとけば良いじゃん!」

すぐには死なないので食べることができるのです。

でも、知らない場合、結局こればかり食べることで体に異変が出てくるという仕組みです。

ゆっくりゆっくり体調を悪くさせられているわけです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今現在遺伝子組み換え作物として日本で認められているのは8種類。

「じゃがいも、とうもろこし、なたね、大豆」が代表的なものなのでこれだけ覚えておけば良いと思います。

さて、抜け穴について少し触れます。

ポイントの一つ目は「タンパク質」

作物の栄養成分の中の「タンパク質」部分を含ませていなければその材料が「遺伝子組み換え」された種からできた作物を使っていたとしても記載をしなくても良いことになっています。

私たちが直接的に最もよく口にしていると思われる「遺伝子組み換え」食品は「油」です。

加工食品では「植物油脂」と記載があります。
この多くは「キャノーラ油」が配合されています。
この「キャノーラ油」=「菜種油」で
そう、遺伝子組み換えされた菜種です。

ポイント二つ目

原材料の上位5つ以下であれば記載の義務から逃れる

という約束があります。

つまり、例えばよく添加される「コーンスターチ」

これは「とうもろこし」からできています。が原材料として少ないことが多く記載義務から逃れている場合がほとんどです。

そして一番の問題は「食肉、牛乳、卵」です。

卵についてはその影響がもろに出ることがわかっています。

ここまでのことをさらりと読んでもやはりわかりづらいし

結局何?

そこで動画の登場です。

各専門家が詳しくお話されます。

それぞれのページでさらに詳細を確認してください。